第64回日本形成外科学会総会・学術集会

会長挨拶

第64回日本形成外科学会総会・学術集会
会長 朝戸 裕貴
(獨協医科大学形成外科学 教授)

 このたび、2021年4月14日(水曜日)から16日(金曜日)の3日間、ホテル椿山荘東京において、第64回日本形成外科学会総会・学術集会を開催することとなりました。開催にあたりご指名をいただきました本学会役員、そして会員の先生方はじめ多方面よりご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。東京目白は獨協学園発祥の地であり、会場の真向かいに現在の獨協高校があります。本学ゆかりの地で学会開催できることに感謝いたしております。
 新型コロナウイルスの感染拡大により東京オリンピックが1年延期となり、第2波・第3波が懸念されている昨今、学術集会のあり方にも大きな変化が生まれています。先月の第63回学会も現地開催とweb開催のハイブリッド形式で行われ、主催の亀井会長はじめ名古屋大学形成外科のスタッフの先生方は大変なご苦労をされたと存じます。第64回においても以前どおりの通常開催を目指しておりますが、開催方法に関しては63回を参考にしつつ、刻々変化する状況に柔軟に対応していきたいと考えております。
 今回のテーマ「Evolution」は継承、改良、発展、進化を合わせた意味をもつ単語です。諸先輩の先生方が築き上げてきた土台のもとに、今後形成外科がさらに発展するひとつのきっかけになれば、という思いをこめております。多くの会員の諸先生方にとって実りある学術集会となるよう準備をすすめてまいりますので、ご参加いただけますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

このサイトについて|Copyright © 第64回日本形成外科学会総会・学術集会 All Rights Reserved.